ADHDについて

【ADHDについてのお話】子育てと遺伝について

更新日:

adhdは遺伝するのか

ADHDは遺伝するのか?

私は自分がADHDであることに、不満を感じることはありません。
妻や周りの人は迷惑に思っていることはあると思います。
自分自身不満はないのですが、迷惑をかけていることに関しては申し訳なく感じることはあります。

でも、自分がADHDでよかったと思うことが多くあるので、ADHDである自分に誇りを感じる事がたまにあります。

いま、3歳の息子がいるのですが、すこし多動性が強いと感じ始めています。
医師によってADHDは遺伝するかしないかで議論が続いているとは思いますが、私の息子を見ていると
ADHDは遺伝するのではないか?と考えます。

子供がADHDの場合の子育てについて

もし本当にADHDが遺伝するのであれば、定型の子よりも慎重に対応すべきかそうでないか迷った事があります。
現状では放任主義で息子のしたいがままにやらせています。
これが間違っているのかあっているのかは、彼が成人するまで分からないところではあります。

もし子供がADHDだとしたら

まだ、息子をクリニックへは連れて行っていません。
今の段階で発達障害かどうか判断できるのか?という部分と
発達障害と断定されたときに妻が息子に対して態度が変わってしまうかもしれないという考えからです。

私のADHDについてはある程度の理解を示してくれていますが、これが自分のこどもとなれば少し事情が変わってくると思います。
今の息子の症状?はというと

  • 買い物へ連れて行くと、一人で動き回り迷子になりそうになる(イオンなどに行くと毎回です)
  • おもちゃ売り場、本屋さんへ入ると2時間くらいその場から離れようとしない
  • 自分のやりたいことに手を出してしまうと親の言うことを全くきかなくなる

これくらいのことなら定型のお子さんでもあるだろうという思いが少しあります。

実際には買い物でそのようなお子さんを見かけることは少ないのですが、全くみかけないということもないので、まだ定型の可能性も残っているのかな?

子供を心療内科へ連れて行くタイミング

このような状態が5歳まで続くようであれば、心療内科へ連れていき診断を受けさせようと考えています。
まだ3歳検診が終わっていないのですが、3歳検診で発達障害の可能性があるかどうかというのも診てくれるそうなので、可能性があると言われればすぐに連れて行こうと思います。

もし子供のADHDが発覚した場合

成人の発達障害と違い、子供の頃の発達障害は治るという意見もあります。
発達障害を個性として活かすのならば、発達障害という事実確認だけで済ませ、投薬治療は行わずにその個性を伸ばしたほうがよいのか
子供が将来ADHDとして生きづらさを感じるならば、すぐに治療を始めたほうがよいのか、この部分は親に委ねられると思います。

私自身は生きづらさはありますが、個性として見がちなので、もし息子が発達障害と診断されたときには、それを個性として伸ばしてあげたいとは思いますが
小学校へ行った時などに、他の子に迷惑をかけてしまうのではないか・・・という懸念もあり治療させたほうが良いのか迷っています。

まだ、発達障害と確定したわけではないですが、息子の現状を見ていると可能性が高いと思われるので
いまから、発達障害と診断された際の子育てについて考えていく必要があると思います。

子育ては妻との相談や色々な方の意見を聞いてしていかないといけませんが、私は我が強く自分の意見をゴリ押ししてしまわないか少し心配です汗
発達障害として生きてきてよかったことなどを、妻以外の人にも赤裸々に話せれば良いのですが、まだそこまで打ち明ける勇気がないのが少し情けないです・・・

発達障害のこどもが増えた理由

私の憶測ですが、昔に比べて発達障害と診断されるお子さんが増えているのは
製薬会社の戦略・間違った情報を与え続けるキュレーションサイトのせいで、ただ単に元気が有り余っているお子さんをお母さんが不審に思いクリニックへ連れて行くというのがあると思います。
私の子供の頃なら、毎日宿題を忘れてくる・文房具を忘れてくる・教科書を忘れてくる子なんてのは沢山いましたが、いまではそれらの理由をインターネットで簡単に調べられる事ができ、自分の子が発達障害なのでは?と両親が感じクリニックへ行き、結果発達障害と診断される子が多い気がします。

もちろん発達障害の診断には心理士による検査も含まれるのですが、医師は検査の結果は置いておき発達障害と診断をくだす人も多いでしょう。
発達障害の子が一人増えるだけでも、内科などとは違い心療内科へは通い続けることになりますので、かなりの収入アップになると思います。

簡単に発達障害と診断を下す医師にも問題がありますが、心療内科へ行かせるような製薬会社のCMや間違った情報を与え続けるキュレーションサイトへは反吐がでます・・・

-ADHDについて

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 AllRights Reserved.