ADHDの為のライフハック

ADHDの過集中について考えてみた、思い通りに過集中をコントロールする方法

投稿日:

過集中とは

よく、ADHDの人は過集中になりやすいと言われます。
字の通り、「過剰に集中すること」です。
僕は過集中という言葉を知らない時はゾーンと読んでいて、その頃から好きな時にゾーンに入れるようにしようとしていました。

しかし、過集中はADHDの人だけではなくもちろん一般の方でもなるときがあります。
発達障害の過集中と定型の方の集中では違うのかについても考えてみました。

過集中は他の物事を遮り、現在している物事だけに集中していると言われています。
実際に過集中を経験したことが有る方はわかると思いますが、過集中のメリットとして以下のようなものが挙げられます。

過集中のメリット
・作業が早く終る
・無敵になった感覚になる
・アイデアが湧き出てくる
・邪魔を遮り、物事に集中ができる

一方でデメリットもあります。

過集中のメリット
・過集中が切れると虚脱感、倦怠感が出る
・切れてしまうと今までの作業効率が嘘のように感じる
・過集中時に行った作業で評価されてしまうと、過集中が切れた際にサボっているように思われる

デメリットがあり、一般的には過集中はよくないと言われがちですが、僕はそのように思いません。
過集中はデメリットを遥かに凌駕するメリットを持つものだと考えます。

二次障害としてうつを持っている方は、過集中時以外ですとやる気が起きず何もしたくない状態ではないでしょうか?
僕は過集中でないときは、作業に集中できず余計なサイトを見たり・スマホをいじったりしてしまいがちです。

ADHDの過集中と一般的な集中の違い

ADHDの過集中については上で挙げた通りです。
では一般の方の集中とどう違うのでしょうか?

僕は当事者ですので、妻に集中してる時ってどんな感じ?と聞いてみました。

  • 気分が乗って、普段より効率が良い
  • ドラマや本の内容がよく入ってくる
  • 興味のないことでも集中すればなんとかやり遂げられる

これを聞いた時に、過集中と集中の違いは、一般の方の場合興味のない事にでも集中できると感じました。
過集中の場合、多くは自分の興味のあることにしか集中できず、興味の無いことは幾ら集中しようとしてもすぐに飽きてしまい、他のことを考えてしまうと思います。(これは僕だけかもしれませんが・・・)

定型の方のように自分の嫌な事でも頑張って集中すれば、やり遂げられるというのはADHDの人にとっては困難な事でしょう。

例えば、片付けを集中しようと始めても
懐かしい本が見つかれば、それを読み始めたり、アルバムがあればそれに見入ってしまうかもしれません。

ADHDの過集中と定型の方の集中ではそこに大きな違いがあります。

過集中をコントロールしたい

過集中に入れたくないと思っている方でも、無意識のうちに入ってしまい
その後の虚脱感が嫌と感じている人も多くいるでしょう。

無意識に入ってしまう過集中については、どうしようも無いことだと思います。
自力で過集中を止められる人もいるとは思いますが、僕は過集中が好きなので止めようと思ったことはありません。

では自力で過集中に入れるにはどうすれば良いのか?

過集中に入るタイミングを覚える・作り出す

自分で過集中に入れるには、スイッチを作るのが手っ取り早い方法です。
ある一定の動作をすれば、過集中に入るというように一種のセルフマインドコントロールです。

僕の過集中に入れるスイッチ

  1. コーラを大量に飲む
  2. ライアーゲームの音楽を聴く
  3. 美山加恋の画像を目の届く範囲に置く

コントロールできるようになるまでは、過集中に入ったと感じたら上記の行動を何ヶ月も繰り返していました。
そして、意図的に上記の行動を取れば過集中に入れられると自分自身に言い聞かせているうちに
過集中をコントロールできるようになりました。

全員に当てはまるとは思いませんが、過集中をコントロール出来るようになる人はいると思います。
スイッチに関しては自分の好きなこと、普段連続して行わない行動の方が好ましいでしょう。

過集中が良いか悪いかは自己判断で

過集中の好き嫌いは人それぞれです。
嫌い・苦手・メリットを感じない人は過集中を切るトレーニングをする方が良いでしょう。

過集中にメリットを感じる人は、トレーニングをして意図的に入れれるようにしてみてはいかがでしょうか・

-ADHDの為のライフハック
-, , ,

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 AllRights Reserved.