子育てについて

こどもに鬼電話を使うのはもうやめよう

更新日:

息子が歯をちゃんと磨かなかったり、テーブルに足をあげたりと言うことを聞かない時は鬼電話というアプリを使っていました。
でも、今日限りでやめようと思います。

恐怖の鬼電話

鬼電話は正式名称は「鬼から電話」というアプリです。

アプリの電話の内容はシーズンにより変わります。
*2017年4月現在

  • 言うことを聞かない時【赤鬼】
  • 言うことを聞かない時【なまはげ】
  • 歯磨きしない時【かんな・あきら】

などがあり、クリスマスシーズンにはサンタクロースも出ます。
今日開いてビックリしたのはこどもに人気のYouTuberのかんな・あきらが出ていることです。

数回アプリを使ってこどもをしつけると、鬼電話の着信音を鳴らしただけでビビリ泣きわめきます。
そして、その時は言うことを聞きます。

鬼電話を使わないと決めた理由

息子が言うことを聞かない時は鬼電話をよく使っていました。
その度に泣きわめき、一応言うことを聞きます。
でも、それで無理やり言うことをきかせてよいのか?という疑問もありましたがそれ以上に恐怖感を与えて意味があるのかと思いました。

大人でも怖い、夜の物音

夜寝ていると、玄関付近で物音がしたときに物凄い恐怖感に襲われました。
その時ふと鬼電話はこどもにとっては、これよりも怖いんじゃないか?と感じました。

その後は僕の決めつけですが、怖いに違いない!
恐怖感を煽って言うことをきかすのは間違いじゃないか?と思うようになりました。

僕は鬼電話を使ってこどもにしつけをするのは反対です!
こんなアプリを使わないでも、自ら歯を磨いたり出来る子になってほしいと願っています。

-子育てについて

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 AllRights Reserved.