プロフィール

ADHDと診断されるまで

更新日:

ADHDと診断されるまで

29歳でADHDと診断されるまで

僕は29歳の時に少し他の人と比べておかしいよと言われながら妻からスマホでADHDに関してのページを見せられました。
それまでにも、社会不安障害(SAD)で心療内科には通っていたのですが、その時の通っていたクリニックの先生は毎回同じ薬をくれるだけで
行くたびに
先生「変わったことはないですか?」
僕「はい」
先生「それではいつも通り薬を出しておきますね」
僕「ありがとうございました」
この流れを5年位繰り返していました。

発達障害者センターでのこと

妻からADHDを指摘され、妻の付き添いのもと発達障害者センターへ通うことになりました。
センターでは産まれてから今までの家族環境・子供自体の事・学校での出来事・仕事のことなど根掘り葉掘り聞かれ、正直覚えていないことが大半でした。
それでも、治療のためと思い過去のアルバムや通知表などを元に過去を洗い出す作業を半年〜1年くらいかけてしていたと思います。
もうすでにこの部分も忘れてしまっています・・・
すべてが終わるとようやく病院を紹介してもらえることになりました。
発達障害センターへは引き続き通う事を勧められましたが、そのタイミングで運営が市から民間へ委託されるということで
担当していただいた方ではなく新しい方になるそうなので、それが嫌だったのか、お金儲けのためにやっている民間へ身を任せるのが嫌なのかそのどちらともなのかが自分でもはっきりしませんが、行くのを止め病院だけ通うことにしました。

初めての発達障害専門のクリニック

ADHDを診断できる心療内科医は少ないようで、僕が住んでいる市では2つの病院しかありませんでした。
大きな病院はなんだか人が多そうで少し不安があったので、少し遠いですが小さな個人クリニックへ予約を入れました。

以前通っていた心療内科とは違い、心理士の方が常駐しており、テストを2時間位かけてやったと思います。

-プロフィール

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 AllRights Reserved.