ADHDの為のライフハック

【ADHDのライフハック】やる気が持続しない時、飽き癖をなんとかしたい

投稿日:

ダイエットが長続きしない

僕は2017年の1月始めからダイエットをスタートしました。
その後3週間くらいは食事制限や水泳も飽きずに出来ていたのですが
急にやる気がなくなり、どうでもよくなってしまいました・・・

今までの努力が水の泡

やる気がなくなってからは、毎日のように炭水化物を摂取しまくり平均3,000kcalくらい摂ってしまっていました。
水泳も1週間行かなくなり、とうとうダイエットも終わりかなぁとも思っていました・・・

やる気を取り戻すためにしたこと

ダイエットを一旦は諦めかけたのですが、このままだと
いつも通りのただの飽き性になってしまうと思い、何か一つくらいは最後までやり遂げたいというのと
正月に痩せる気満々で買っていた服があったので、それをどうしても着たい!と自分を思い込ませることで
なんとかダイエットを再開する意志が出てきました。

ADHDの飽き性を解決する方法

ADHDの人はよく飽き性だと言われます。
その要因はやはり、自分の興味のないことに集中がいかないことだと思います。
それを解決する手段はあるんでしょうか?
いくつか考えてみました。

  • 無理やり興味のあることと結びつける
    今回の僕のダイエットのように、着たい洋服を着るためなどです
  • お金と結びつける
    ADHDに限らず、人はお金が大好きです笑
    今飽きそうなものでも、お金を稼ぐ手段になんとか変換することでモチベーションを保てます。
    僕の場合仕事がそれにあたります
  • 自分のためではないと考える
    ADHDの方の中には暴力的な人も中にはいますが、逆に人のためならなんでもできるという方もいます。
    このような特徴がある人は、自分のためではなく今やっている事は人の役に立つことをしていると思いこむことでこなすことができると思います

飽き性を解消するには思い込みが大事

先程あげた例もほとんどが自分をある状況にあると思い込ませることです。
ADHDの方はよく想像力が豊かと言われますが、それを使い自分の意志をコントロールすることで
普段の自分ではない状況へ持ち込むことが飽き性を解決する一番のポイントです。

-ADHDの為のライフハック

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 AllRights Reserved.