ADHDについて

【ADHDの有名人】本当かウソか分からないのに、どうして広がるのか

投稿日:

ADHDと言われている有名人

ADHDで検索すると、あの偉人もADHDだった!というような記事をよく見かけます。
現在生きている方ならまだしも、憶測で個人を障害者扱いするのはどうなんだろうと思います。
それも、あたかもADHDは天才というような書き方が多くあり、少し違和感を覚えました。

誰が偉人をADHDと言い出したのか

例えばよくあげられる偉人として坂本龍馬がいますね。

不可能過ぎて誰も思いつきすらしなかった薩長同盟をまとめ上げた幕末の偉人「坂本龍馬」もADHD、発達障害だったとして、非常に有名です。
その理由は坂本龍馬の幼少時のエピソードを見ればおのずとわかってきます。
参照:http://adhd-guide.info/adhd-all/

現在の医学でさえはっきりと分かっていないのに、過去の書物からの憶測でこういった風に書くのはどうなんでしょう?
一般人にも当時ADHDな方が居て、彼らは不自由な暮らしをしていたかもしれないのに
天才だけを取り上げてあたかもADHD全員が偉業を成し遂げているという風に読めなくもありません。

僕の勝手な憶測ですが、こういった事を言いだしたのは製薬会社のPRのためではないかと考えています。
本当に憶測ですので、違ったら申し訳ありません。

僕の社交不安障害もCMから気づいた

僕が初めて心療内科へいったのは、女性が顔を隠しているCMを見てあがり症は病気ですというCMを見たのがきっかけでした。
当時は本当にどうしたら赤面症が治るのか、人前に出たら足がガクガク震えて泣いてしまうのはどうしてなんだろうかと
毎日が不安でした。

あらかじめ予定がわかっている場合は特にひどくその2週間前くらいからドキドキで眠れないほどでした。
こういった病気を気づかせてくれる面では製薬会社のCMも大切だと思いますが

偉人をADHDと決めつけ、あたかもADHDであることが良いという風に思わせているのはちょっとなぁという感じです。

芸能人の発達障害カミングアウトは勇気づけられる

過去の人達とは違い、今を生きている発達障害の方のカミングアウトには勇気づけられる事があります。
カミングアウトすることでプラスになる人もいれば、マイナスになってしまう人もいるので
僕らのような一般人が気軽にカミングアウトするのは、少し注意が必要かもしれませんね。

-ADHDについて

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 AllRights Reserved.