ADHDについて

【ADHDの遺伝のお話】子供に自分の発達障害が遺伝するのか

更新日:

僕の息子は発達気味

ADHDの遺伝に関してはまだはっきりと分かっていない事が多く、専門家の中でも意見がわかれているようです。
しかし、当事者の間では発達障害は遺伝するものと認識されていることがほとんどだと思います。

僕の親は僕と真逆で綺麗好き、几帳面、メモは必ずとる、事故を起こさないと全然違いますので遺伝でない場合ももちろんあります。

息子は3歳になったばかりなのですが2歳半くらいから多動性を感じ、もしかしたら遺伝してしまったんじゃないの?と思うことが多々あります。
3歳時検診である程度分かると聞きましたので、その検診を待ってからクリニックへ行くか考えようと思います。

もし自分のこどもに発達障害が遺伝したらどうするべきか

幼稚園や保育所の友達など他人に危害を加えない限りは、普通に子育てして大丈夫だと僕は考えています。
こどものうちに発症した発達障害は治ると言われてはいますが、発達障害の研究がなされてからまだそんなに年月が経っていないように思いますので
本当に治るかどうかは疑問です。

30年前、3歳の時に発達障害と診断された方が今33歳として、そのサンプルはどの程度あるのか?ということを考えると
それほどサンプル数はなく、治るかどうかの判断は出来ないと思っています。

他人に危害を加えるようならば施設などの利用も検討

僕は最近、息子の多動にイライラしすぎて言ってはいけないことを言ってしまいがちです。
児童養護施設に入れようか?といった内容です。
もちろん入れる気はまったくないのですが、アプリの鬼電話を使うかのように口から出てしまいます・・・

現在では児童養護施設だけではなく、療育施設というものが増えてきていますよね。
利用している親御さんに直接聞いたことがないので、個人的な意見ですが
実態のよく分からないお金儲けしか考えていない人の障害者商売だという認識です。

5年間で20件の助成金総額5,000万円、融資2,500万円!発達障害児の早期療育施設「こころとことばの教室 こっこ」で顧客満足度の高い療育を提供するNPO法人「発達わんぱく会」/小田知宏理事長
参照:http://shikin-pro.com/news/3452

もちろんこういった施設ばかりでは無いでしょうが、助成金5,000万円を手に入れた事を自慢する施設って一体どうなんでしょうか?
本当に子供の事を考えているとは到底考えられません。

ADHDはお金になるから始めたと言われても仕方ないんではないでしょうか?

ここ2年で僕の家から歩いて行ける範囲で3件の療育施設が出来ました。
本当にこんなにも発達障害の子供がいるの?という疑問もあります。

子供を発達障害と決めつけてクリニックへ

こどもは自分でクリニックへ行くという選択はもちろんできませんので
少しでも、子育てがしづらい子だなと感じてお母さん・お父さんはこどもをクリニックへ連れて行くんだと思います。
もちろんそれは全く悪いことではなく、こどもの事を考えているからこそでしょう。

医師は発達障害の診断を出したい

療育施設の増加数から考えると
医師は発達障害の疑いのある子どもには高確率で発達障害の診断を出していると予想できます。
僕の通っているクリニックでは、開院当初・院長先生だけだったのが2年半で3人の医師を雇い四人で診察しています。

それほど発達障害というのはお金になるんでしょう。

真剣に発達障害に取り組んでくれる施設・サークル・病院はあるのか?

僕がいま探しているのは、発達障害当事者の生きづらさ、発達障害を持つ親御さんを少しでも楽にしてくれる場所です。
当事者同士の自助サークルではただの馴れ合いにならないか不安で僕はまだ参加していません。

過去には社交不安障害のサークルへ行っていたときもありましたが、
その時は自分が一番つらい。お前なんかまだマシな方というような方が多くいて行くのをやめました。

もちろん施設運営者もビジネスとしてやっていくのは当然ですが
ヒーローのようなお金度返しな方がやってくれる施設が現れないかという淡い希望を抱いています。







-ADHDについて
-, , ,

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 All Rights Reserved.