オススメのネット配信動画

【最速全話ネタバレ】ハウス・オブ・カード シーズン5【リアルタイム更新】

更新日:

ハウス・オブ・カードシーズン5のネタバレ

この記事を見ていただいている方は、Netflixで配信中のハウス・オブ・カードをご存知の方だと思いますので、説明は省かせていただきます。
早速一話からネタバレ開始していきます。
見ながらですので、断片的な箇条書きになります。後ほどまとめます。
本ページは僕が2〜4倍速で見て、都度ネタバレを更新していきます。

ハウス・オブ・カード シーズン5 第1話

クレアのインタビュー
大統領選へ向けてのインタビュー
テロへの危機警告

下院議会
共和党議員から大統領への追求
大統領は来るべきではないと言われるが、民主党議員の発言時間をアンダーウッドへ譲り、議場で意見を述べようとします。
しかし、共和党議員からバッシングの嵐ですが、さすがアンダーウッド!議会を黙らせ矛先を自分の汚職からテロの被害にあった男性へと向ける
テロ組織ICOへの宣戦布告という手段を用いその場を切り抜ける。
そしてカメラに向かい「決して何があっても私は屈しない」と視聴者へ訴えかけます。

車内
アンダーウッドとクレアがテロ容疑者の報道を見ている
秘書より、テロに関係すると思われる内容を聞く(爆破など)

テロ被害者の葬儀場
アンダーウッドとクレアが車から降りると現場にはコンウェイ(ニューヨーク州知事)
アンダーウッドが被害者夫人へ容疑者を必ず捕まえると告げる

被害者の娘はアンダーウッドを恨んでいる模様
被害者夫人の弔事を聞き、クレアが涙する

被害者の娘がアンダーウッドへ「アンダーウッドが死んで、クレアが大統領になればいい」と耳打ち

マカランの事務所
国家安全保障局が来るが本人不在

ホワイトハウス
宣戦布告の是非を問う委員会を設置

クレアとトムの討論番組
トムはアンダーウッドの汚職を問いただすが、クレアが上手くかわす

コンウェイ選挙対策本部
コンウェイ陣営は宣戦布告の採決はさせないよう務める
また、コンウェイは自営側についている大将を少し不審がっている様子。

ホワイトハウス
アンダーウッド、クレア、リアン
コンウェイ夫人がテロ容疑者母親擁護した動画を見る。
クレアは容疑者の母親と話せる機会を設けるようリアンへ伝える。
クレアは母親を使ってテロの恐怖を市民に訴えかける。
アンダーウッドは容疑者の早期逮捕へ向かう。

アンダーウッド、一人で歌っている
クレアはトマスの元へ

車内
マカラン、リアン
マカランは国家安全保障局に捕まるかもと思っているが
リアン「夫妻が勝たない限り出口はない」と答える

ヘラルド社内
トム、新登場人物
トムが面談のようなものをしている。
相手に語らせるのが得意か?と問いただす。
新登場人物は夜8時以降お酒が入ればと答える

室内
テロ容疑者母親、クレア
母親は息子が死んだと思っている。
クレアは説得し自首するよう伝える。
外へ出ると、母親はカメラに向かい自首するように訴えかける

国家安全保障局
マカランが侵入を試みるがカードキーで開かず入れないが、丁度人が出てきて侵入
何かのデータを自分のPCへ転送する。

雑木林
武装した捜査員が捜索中、報道はこれらを放送
しかし、容疑者は見つからない

とあるビル
アンダーウッドがカメラに向かい
「私が彼を捕まえてないと思ったか?」

アンダーウッド、ダグへ容疑者を殺すよう指示。
殺す場面(効果的で使える映像)はカメラで録画しておくように

アンダーウッド会見
容疑者の殺害の動画を公開
容疑者は米国内のICOテロ組織と強いつながりがあるとする。
ICOへ米国の若者にては出させないと宣言
議会へは宣戦布告への要請への採決を急ぐよう懇願

ホワイトハウス
ダグがダントンとシャープが委員会へ招集されるという報告をうける

大統領が外へ出ると市民が大挙
自分に言い聞かせるようにカメラに向かい
「何も恐れなくていい、大丈夫、何も怖くない」

ハウス・オブ・カード シーズン5 第2話

ホワイトハウス
アンダーウッドがクレアへマカランの仕事は危険だと

ダグ、下院への対応を探るが中々うまくいっていない模様

NY市内地下鉄
クレアとNY市長がテロ対策をマスコミに向けて発言
そこで、クレアがアンダーウッドの大学時代の旧友と会う
アンダーウッドと仲の良かったティムが行方不明
フランクに連絡をよこせとクレアへ伝える

州知事会合
アンダーウッドへテロへの対策で州など関係なく一致団結するよう求める
コンウェイは怪訝な顔をしている。
そこで大統領権限を使う。
カメラに向かい
「彼等の地元の州兵を増やし、投票日に警護に当たらせたい」
知事たちへは市民が安全に投票へ来れるようにというが、大統領の思惑は違うよう
アンダーウッドの本当の狙いは勝敗を握る5つの州の知事
恐らく過去で一番長くカメラに向かって話している
コンウェイはそんなことをせずとも、テロに屈することなく投票できると、他州知事へ訴えかける。

再度、クレアが居る地下鉄駅
クレアはアンダーウッドと仲の良かった旧友について問う
報告に来た友人はそれとなく、フランクがゲイだったとクレアに伝える。

マカランのオフィス
国家安全保障局の監査が入っている。
マカランは首都一帯の通信を妨害し工作に出る。

ホワイトハウス
クレアがアンダーウッドへゲイの過去を問いただす
アンダーウッド「僕が今まで愛したのはクレアだけだ」

マカランの意図
マカランのしていることは大統領指示で通信障害を起こし、州知事へ危機感を煽り
州知事へ投票所への軍の配置をさせることだった。
市民、知事は大統領の報告によりテロの仕業だと思い込む。







ハウス・オブ・カード シーズン5 第3話

コンウェイの賞賛CMから始まる。

コンウェイは24時間インタビューに答える様子

クレアはネバダ州でアンダーウッドの応援演説

コンウェイはインタビューを通じ自信を英雄にしようとしている。
しかし、戦地での不利益な情報が出てくると質問を切り上げたり、夫人が登場し遮る。

選挙対策がうまくいかずに、ダグはバーで酒を飲もうとするが寸前で耐える。

アンダーウッド、コンウェイを潰せたはずなのに接戦止まりで後悔している
クレアは一定の効果があったと見る。

ここでインタビュー中のコンウェイへアンダーウッドが電話をかける
アンダーウッドがコンウェイへ質問はないかと問いかける
コンウェイ「1話のテロ事件の人質を解放したのは私だが、アンダーウッドが介入し何故じゃましたのか?」
アンダーウッド「犯人は君なら付き込めると見ていた。戦地での行いを恥じている。」

コンウェイが最後に国民に問いかける
「次期アメリカ大統領は?」

投票日当日
各州の数字が逐一アンダーウッドへ伝えられる。
アンダーウッドに取ってよくない数字が伝えられ、クレアへ八つ当たりする。

ダグは負けることを覚悟したのか、執務室で思いふける。
そして、大統領のデスクの引き出しの裏に記念サインをする。

アンダーウッドとクレア
「ここは我々の家だ、決して離れるものか、終点は墓場だ」

ハウス・オブ・カード シーズン5 第4話

コンウェイ陣営、選挙スタッフより好調と伝えられる。

ヘラルドのトムとセスが親しげに話している。

ダグとリアンはマカランがまた動き、戦局が変わることを祈っている。

コンウェイは勝利を確信したのか、妻とセックス。

ヘラルドの新社員とセスがバーで飲んでいる。
ヘラルド社員はセスから何か聞き出すのか、それともセスは既に寝返っているのか?

そんな中テネシー州でテロが起こったとの報道が・・・
もちろん全てアンダーウッドの選挙を中断する作戦

ダグがマカランを使い、他の州でもテロの恐れがあるという資料を流す。

その後、なぜかアンダーウッドはコンウェイへ敗北宣言の電話を・・・
しかし、電話の直後複数の投票所で閉鎖の報道がなされる。

日が明けてアンダーウッドとクレアがホワイトハウスにて
アンダーウッド「しくじれば共犯だ」
何をしようとしているのだろうか?
2016年
2020年
2024年
2028年
2032年
2036年
一つの国 アンダーウッド

ハウス・オブ・カード シーズン5 第5話

選挙から9週間後
ホワイトハウス前、群衆がアンダーウッド辞めろ!の声が上がっている。

投票結果は2つの州で当確が出ず、アンダーウッド・コンウェイともに過半数に満たなかった。
下院での投票で大統領が選ばれる。
コンウェイはピリピリしている。

マカランは選挙後行方をくらましている。

セスの元へヘラルド記者が、ダグの過去を探っている様子。

5話は下院の票数争いをしていて話を長引かせているだけで、内容は薄い。







ハウス・オブ・カード シーズン5 第6話

クレアが大統領代理に
下院の投票を目前にロシアと思われる部隊が南極へ投下される。

リアンにマカランからテロ捏造暴露するとのメールがくる。

セスがダグへ直接過去の事を聞く。
ダグ不在の中セスはダグの発信履歴を漁る。

議員の大半は次の下院での投票でアンダーウッドが負けると思っている。

コンウェイ陣員は黒人部会を味方に引き入れようとやっきになる。
しかし、コンウェイの思惑とは反対に黒人部会は聞く耳を持たない。

ダグがマカランが誘拐されているのを発見。リアンへ伝える。

ヘラルド記者は編集長のメモを見てリサへ接触。
リサはレイチェルがある男を恐れていたことを伝える

ヘラルド編集長トムは記者が自分のメモを見たことに気づきクビを宣告。

クレアとロシア大統領の電話中にマカランを誘拐したのはロシアだと判明。

クレア大統領代理は次期大統領の選出は下院での投票ではなく、州での再投票で決めることを決定する。

ハウス・オブ・カード シーズン5 第7話

ヘラルド編集長がダグとレイチェルの事件を調べ始めている。

クレアの元へ急遽避難指示が
放射性物質を積んだトラックが行方不明との連絡
首脳陣がホワイトハウス地下シェルターへ向かう。

アンダーウッド・ダグはテロの可能性は低いと見ている。

リアンは重要な音声を入手しダグ経由でアンダーウッドへ
アンダーウッドはコンウェイが指示し軍が関与していると踏んでいる。

地下シェルターへ行かず地上に残っていた軍幹部へアンダーウッドが出向き
そこで、ダグから得た情報を伝えると、事態は収束
クレア大統領代理は軍大将へ辞任を求める。

国民には避難訓練だと報道

ハウス・オブ・カード シーズン5 第8話

南極へ進出していたロシアの船が座礁。
救出と引き換えにマカラン返還の交渉へ

アンダーウッドは州の票獲得の為に、タスクの元へ
そこで、コンウェイ側の元大将と会う
コンウェイ側を裏で操っているのは実はブロックハート元大将だと電話でダグに告げる

タスクの商売取引相手からコンウェイが飛行機で移動中に無理やり操縦席に座ろうとしたときの音声を手渡される
アンダーウッドはこれを利用し、勝利をほぼ確実にする。

ロシアとの取引は頓挫し、マカランは未だロシアにいる

ハウス・オブ・カード シーズン5 第9話

アンダーウッドの大統領再就任から始まる

ヘラルド編集長がゾーイが地下鉄のホームから突き落とされた映像を入手する

アンダーウッドのゲイの部分が改めて表現される。
地下で男性とキス。

ゾーイの父親が遺品の携帯電話をヘラルド編集長へ手渡す。

就任パーティが終わり
クレア・アンダーウッド
「誰が敵か分からない」
「ほんとにな」

ハウス・オブ・カード シーズン5 第10話

ダグがリサと接触
彼女と連絡を取りたいというがよくわからない・・・
彼女=レイチェル?何を言ってるのだ?
リサと分かれた後、注射を捨てる。殺そうとしていたようだ。

ヘラルド編集長はリサからダグにつけられていたと連絡を受けるが
翌日、編集室へ行くとリサとレイチェルの写真が無くなっている。
そして、ダグに会いに行くことを決意。

ウォーカー元大統領への喚問が開かれる。
当時のアンダーウッドに関する事が主な議題
中国とアンダーウッドの関与を認める。

マカラン自殺







ハウス・オブ・カード シーズン5 第11話

テレビでセスとヘラルド編集長が対談
ウォーカー元大統領の発言について

クレアはトマスと縁を切る

ダグがアンダーウッドの移植手術の順番を入れ替えた事が晒される

リアンとマカランは元恋人

ダグとリアンがセックス

ウォーカー元大統領の証言、移植手術等からの大統領への弾劾が収まるまでクレアとアンダーウッドは距離を置く。

ヘラルド社へ匿名でUSBメモリが届く、文面は
「また一つ年をとったの?長生きしてね おめでとう」

ハウス・オブ・カード シーズン5 第12話

アンダーウッドが国務長官キャシーを階段から突き落とす。

ゾーイの死亡原因がラルド社にバレた事がアンダーウッドに伝わる。
クレアは夕食へダグを招き入れる。

ダグのデスクからヘラルド社へ匿名で送られてきたメッセージカードが出て来る。
ダグがヘラルド編集長と会おうとする。

縁を切ったはずのトマスがクレアに会いに来てセックス。
トマス腹上死・・・
クレアが毒をもったようだ。

アンダーウッドが尋問に召喚される
「私は大統領の職を辞する」

ハウス・オブ・カード シーズン5 第13話

ヘラルド社へ情報をリークしていたのはアンダーウッド自身だった。

ダグ辞職

クレアが大統領へ

アンダーウッドがカメラに向かって話す。
大統領以上の権力を見出したのかも知れない。

クレアはアンダーウッドへホワイトハウスを出て欲しいと伝える。

アンダーウッド、執務室にある星条旗にタバコで穴を開ける。

復職したばかりのリアンが周りの者によって追い出される。
リアン何かを企んでいる。
ダグに会いに行く途中に黒い車に追われる。

クレア大統領はアンダーウッドを恩赦するとしていたが、会見でそれを言わなかった。
アンダーウッドは恨んでいる様子。

リアンの車が横転事故
ダグが心配している。

執務室にいるクレア大統領へアンダーウッドから電話が入るがクレアは電話に出ない。
タバコの穴があいた星条旗を見ている。

クレア視聴者に向けて
「私の番よ」

終わり

まとめ

正直言ってがっかりというしかない。
これまでのシリーズにあった恐怖心を煽るシーンがほとんどなく、13話あるものの内容は薄く3話程度にまとめられるんじゃないか?といった駄作
ボー・ウィリモンが降りてこの作品は終わったかもしれない。
最終話のクレアの「私の番よ」という事は次シリーズがあるということだろうが、このスタッフ陣では全く期待できない。
シーズン4からストーリーが全く進行せず、新しく入ったメンバーも説明がなくいきなり出てきて、名前もわからないまま進んでいく
ところどころにシリアやロシア・中国などの話が入っていたが、メインストーリーと関係あるのかないのか?さえも分からない。
全てが中途半端で終わっており、登場人物の処遇もスッキリしない。
シーズン4が終わってから今まで期待していたのが馬鹿みたいな内容だった。
もう一度、通常再生で見直すとは思うが耐えられるかどうか・・・







\ シェアしてください /

-オススメのネット配信動画

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 All Rights Reserved.