雑記

人生を諦めるタイミングは自分で決めるな

更新日:

生きている中であの時こうしてればよかったという後悔は誰にでもついてきます。
僕も、小学生から今まで何度もそういう思いをしています。

一番始めに思い浮かぶのは、小学校から10年以上片思いをしていた女の子に自分の気持を伝えられなかったことです。
それがあったからこそ、今の妻と出会えたという面ではその恋愛が成就せずに良かったと思います。
次に思い浮かぶのは、受験・就職などについてです。

自分の人生、諦めるタイミングなんてない

もう遅いと思って、物事を諦めている人は多いんではないでしょうか?
僕は大学受験に二度失敗し、20歳から大学に行ってももう遅いと勝手に決めつけ3度めの受験はしませんでした。
しかし、すぐに手遅れではないことに気が付き後悔したのを覚えています。

親に生活費を出してもらっていたりと、金銭面で諦めることは仕方ないことだと思います。
ですが、やりたいことがありそれを援助してくれる人がいるのなら諦めずに突き進んだほうが良いと考えます。

他にも資格試験に色々手を出しましたが、今更この資格を取って実務経験なしで就職できるのだろうか?
などと本質とは関係のない所で不安になってしまい、資格試験のテキストを放棄したこともありました。
これも、今思えば遅いなんてことはなく、年を取ってからそれらの資格で成功している人もいます。

何でも中途半端に手を出し諦めてしまうのは勿体無い!

一度手をつけたからにはやり遂げたいという思いを持って始めるのでしょうがADHDの方だと、飽きがきてしまい
それ故に投げ出してしまうということもあると思います。

それもまた次の興味を持つためのチャンスであるでしょう。

スポンサーリンク

後悔はどうして訪れるのか

人生に後悔はつきものです。
後悔の連続で人は成長するとも言われることもあります。

今の生活に満足していないから後悔が生まれるのか?
諦めたことがもし成功していたらという妄想から後悔が生まれるのか?

僕はその両方だと考えています。

僕はこれまで色々な夢を抱いていました

  • 映画監督
  • 脚本家
  • 司法書士
  • プログラマ
  • 物理学者
  • 自衛隊幹部
  • FXで成功
  • 忍者
  • 探偵
  • 英会話
  • ドイツ移住

上げればキリがありませんが、今からでも目指せるモノはあるでしょう。

しかし、家庭を持った以上今の生活を維持しなくてはならないという事と、両家の関係もありますので
独断で決められないこともあります。

今学生やニート・フリーターの方は本当に人生を諦めないでほしい

若い人たちも何かしらの夢を持っていると思います。
心の奥底にある夢でもかまいません。一度諦めた夢でも構いません。

そういったものを掘り起こしてみて、今自分にできそうなモノはないかリストアップしてみてください。
案外、昔は諦めていた夢が今になって出来る状況にあるかもしれません。

人生を諦めるのは、その夢に年齢制限がかかっている時だけでいいんではないでしょうか?
もちろん超えなければいけない障壁はたくさんあります。

諦めた時には遅いと感じても、数年後にはあの時していればよかったという風にならない為にも
自分で諦めるタイミングを決めないようにしてほしいです。

僕はドイツ移住を10年計画で進めることにします!







\ シェアしてください /

-雑記
-,

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 All Rights Reserved.