雑記

東京オリンピックに向けて禁煙推進てどうなのさ?

更新日:

サイゼリヤが2019年に全面禁煙という事を発表をして思いました。
今すぐではなく2019年に実施するということは東京オリンピックに向けてですよね?

海外からの観光客は日本でタバコを吸いたいんじゃない?

観光客へのアピールのために国が禁煙を勧めているんならそれは違うんじゃない?と思います。
僕の住んでいる地域(大阪)だけなのかどうかは分かりませんが、観光地の喫煙所は日本人よりも海外の人の方が多いのが現状です。

日本では気軽に喫煙ができる

日本は海外に比べ、タバコの値段が安く、喫煙できる場所も多いです。
海外からの観光客は自国よりも気軽に喫煙が出来ると思って来る人もいるでしょう。

現状の喫煙できる場所が多いという情報がネット上に残り、喫煙できる場所が減っているということを知らない観光客はがっかりするんではないでしょうか?








喫煙するサラリーマンも吸える場所が減っている

すかいらーくが本社勤務の人たちへ通勤途中での禁煙を実施するというニュースもありました。
少し早めに職場付近の喫茶店へ行き、一服してから出勤という人も多いんでは?

業界にもよるとは思いますが、営業時の話のネタにタバコの話題であったり、喫煙所で打ち解けて話がしやすくなるということはあると思います。

マクドナルドはかなり前に全面禁煙になりましたが、サラリーマンが多い店舗などだと、全面禁煙のはずなのに外の席には灰皿が置いてある店舗もあります。
おそらくフランチャイズ店舗で、サラリーマンの需要が多くそういう施策を取っているんでしょう。

全面禁煙にするくらいならタバコ販売中止すればいい

タバコの販売中止をすると、JT・タバコ農園・タバコ取扱店・タバコ関連商品販売店など失業する人たちで溢れるでしょう。
その方たちの補填前提でタバコの販売を中止し、他の方法でニコチンを摂取する手段を確立するしかないんじゃないでしょうか?

ニコチンパッチやニコチンガムをタバコ同等の価格へ引き下げるなど・・・

ADHDにはニコチンが有用?

ADHDの人にはニコチンが有用という話を聞きました。
ニコチンを必要としている人もいるという事をわかってほしいです。

こちらに関しては詳しく調べ、別記事であげます。

-雑記

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 All Rights Reserved.