ADHDについて

SAD(社会不安障害)が一般の会社で働けるのかどうかという問題

更新日:

僕自身、小学生になる前からあがり症で病名こそ知らないものの人前に出ることが苦手であることは認識していました。
やっかいなのは、これは当時自覚していなかったのですが、ADHDの特性の衝動性?で人前に出るのは苦手だけど好きという点です。

苦手であるにも関わらず、生徒会に立候補したり、廊下をパンツ一丁になって走り回ったりしていました笑

中学生になってからは、そのようなADHDの特性よりもSAD(社会不安障害)が前面に出てしまい、人と接する事自体回避してきました。

SAD(社会不安障害)は人前に出る仕事はオススメしない

僕が過去営業やカタログ通販の管理職をしていた当時の話ですが

営業に出ても、上司の後ろに隠れ自ら発言する事はありませんでした。
プロジェクトの説明の時だけ発言するようにしていたのですが、そのときも声は震え泣きそうになりながら話していました・・・

通販の場合は相手が電話ということもあり、声が震えることはありませんでしたが、ADHDの不注意が出てしまい注文書を失くす事がよくありました。

SADに向いている仕事はどんなの?

SADの懇親会に数回行った事があるのですが、その場に居たほとんどの方がお客様と接しない形の仕事をしておりました。

  • 工場の作業員
  • ごみ収集業
  • 飲食店のキッチン
  • 在宅ワーク

こういった職が向いているのかは別としてSADの症状は出にくいと思います。

しかし、会社の行事など回避できない事も多くあると言われている方も多く見受けられました。

会社の行事は逃げても良いんじゃない?

付き合いの悪いヤツだなと思われても、その方が自分にとって楽なら逃げるべきだと思います。
僕も、会社勤めをしていた頃は月に一度、半ば強制的な飲み会がありその場で上司から何かしろと強要もありました。
そんな事出来るわけもなく、酔ったフリをして飲み会が始まってすぐに寝るという技?を使っていました・・・

三度断ってしまえば、誘われないかも

正直にそういう場が苦手と言って断るのもいいでしょうし、単に行きませんと言うだけでもいいでしょう。
三回も断れば、どうせ誘ってもアイツは来ないという印象を付けることが出来るので、そうなればこっちのモノです。

会社の飲み会や行事で得られる情報なんて有益なモノなんてほとんどないと考えています。
ほとんどが下ネタか仕事の愚痴。
こういった話題が好きか嫌いかで言えば好きですが、それよりもその現場にいることが辛い!

僕は逃げ続けることに徹していました。

SAD克服のトレーニングとして、辞める前提で営業職に飛び込むのもアリ!

僕が営業職を経験しようと思ったのも、もしかしたら慣れればSADを克服出来るんじゃないか!?と思ったからです。
現実は苦痛しかなく、症状が余計に悪化したような気もします。

先述の通り、SADの懇親会に行った時に複数のカウンセラーが司会をされていたのですが
彼等の言うには、行動療法として実際にSADの症状が出る場面に飛び込むのも良い方法と語っていました。

もちろんカウンセラーは当事者ではないので、SAD当事者の苦悩は知らないので、文献などを読んでの発言でしょう。
所謂、森田療法と呼ばれているものです。

これで改善された方を知っているから、そう言った事を言われたのだと思います。
薬で症状がマシになる人もいれば、行動療法によってマシになる人もいます。

実際に飛び込んでみないと分からない

行動療法でSADの症状が改善された方がいるのも事実なので、否定はしませんが
症状が悪化または辛いと思ったら、仕事を任される前にすぐに辞めてしまうのをオススメします。

ひとつでも仕事を任されてしまえば、引き継ぎなどがあり中々辞められない状況になってしまいます、
そうなる前に嫌!無理!我慢できない!と感じたらスパッと辞めてしまいましょう。

すぐに辞めるのは迷惑をかけてしまうから、中々言い出せないと考える人もいるでしょうが
少しキツイ言い方ですが、長くいる方が会社にとっては迷惑がかかります。
辞めたいor辞めるつもりでいる人間に給与を支払うよりも新しい人材を成長させたいでしょう。

辞めるなら職歴に傷が付く前がオススメ

一度、雇用保険に加入してしまうと履歴が残ってしまうため、次の会社に短期間で辞めた人間とバレてしまいます。
そうならないためにも試用期間がある会社・数ヶ月は社会保険に加入させない方針の会社を選ぶのが良いでしょう。

ハローワークの求人では試用期間が明記されているモノが多いので、じっくりと求人票を見て応募しましょう。

僕は起業してSADの症状がマシになった

人から監視されることもなくなり、飲み会などの行事からも解放され良いことづくめ。
営業は会社の為じゃなく、自分や家族を養うために行うので会社勤めのときよりも必死になり
ADHDの衝動性が良い方向で働き、少しでも興味のある仕事はバンバン受けるようにしていました。
そうしているうちに仕事関係でSADの症状が出る事は少なくなったと思います。

SADの人はやりたい仕事よりも、出来る仕事を探すのがいいかも

無理をして自分を痛めつけるよりも、自分が楽に働ける仕事を探すのがいいと思います。
どうしてもやりたい仕事があるのなら、自分に合う薬を見つけ少しでも症状を軽くしたり。

逃げる方法を身に着け、働きやすい環境づくりを自らするのも大切かもしれません。

SADの症状がひどい人は面接も行けない可能性もありますし、面接に受かったとしても自己紹介で逃げたくなるかもしれません。
僕は1対1の面接ならなんともないのですが、複数面接だと症状が出てしまいアウトです・・・
自己紹介は一度きり!と割り切って数分だけでも耐えられるなら耐えてください!

あなたに合った職場は必ずあります!

転職回数が多いと不利と言われていますが、そんなことよりも自分が働きやすい職場は必ずあります!
根気よく、あなたにあった職場を見つけるのが長く働く秘訣だと考えます。

もし障害者手帳を取得しているなら、ハローワークの障害者窓口の職員さんに相談してみるのがいいかもしれません。
離職率など詳しいことを教えてくれる場合があります。







ADHDの方で働いている方の体験談募集中

ADHDで現在仕事をされている方の体験談を募集中です。 性別・年齢・お仕事の内容・オープンor・クロ ...

続きを見る

\ シェアしてください /

-ADHDについて

Copyright© うつ・発達障害・ADHDのライフハック , 2017 All Rights Reserved.